町田に在る教会ホームページ
町田に在る教会・町田召会・The church in machida

人生の意義
ウイットネス・リー著

 祈り‥主イエスよ、わたしたちは天地の主としてあなたを礼拝します。わたしたちがここで平安と自由を享受することができ、あなたの福音を宣べ伝えるそのような良い機会を持つことができるゆえに、あなたに感謝と賛美をささげます。わたしたちが福音を宣べ伝えるとき、わたしたちの国と、その元首と、政府のすべての役人たちを覚えてくださるように求めます。どうか主が彼らを祝福して、彼らに健康、知恵、この国を治めることのできる知力を与えられますように。わたしたちはまたあなたがさらに、この国のすべての国民を訪れてくださり、それによって彼らが福音を聞くことができるように求めます。五年以内に台湾が福音化されて、すべての人が福音を聞き、至る所にあなたの証しがあるようにと祈ります。主よ、一人一人を祝福してください。あなたの霊が至る所に浸透し、豊かに恵みを与えて、多くの方法を用いて隅々まで働き、一人一人の霊に届き、感情に触れ、理解力を高め、それによって、彼らの心があなたに向けられ、救い主としてあなたを受け入れますように。

 おお、主よ、わたしたちはみな罪深いですが、あなたの御前に恵みを得たいのです。わたしたちはあなたに悔い改めて罪を告白したいのです。あなたはわたしたちの口の中におり、またわたしたちの心の中におられることを信じます。わたしたちが口を開いてあなたの御名を呼び求めるとき、あなたはわたしたちの中に入って、わたしたちの救い主となり、わたしたちの罪は赦され、わたしたちは神に受け入れられて、あなたと完全な平和を持つでしょう。主よ、わたしたちは再びあなたに言います。あなたはわたしたちの主であり、わたしたちの神です。わたしたちはあなたを信じ、あなたを愛し、あなたに従います。あなたの尊い御名の中で祈ります。アーメン。



人は外側に神のかたちを持ち、内側に霊を持っている

 聖書の中に、最も甘く、命の中で最も豊かであると見なすことのできる幾つかの節があります。第一は、エペソ人への手紙第二章十二節です、「その当時、あなたがたはキリストから離れ……この世の中で希望もなく、神もない者でした」。これは、この世に生きる者として、わたしたちがキリストから離れているなら、神を持っていないので、わたしたちには希望がないと言います。神は目的をもって宇宙を創造されました。また神はこの目的のために、人を造られたのです。神は他のすべての被造物とは異なる方法で人を造られました。第一に、彼は彼ご自身のかたちにしたがって人を造られました。彼ご自身が愛であり、光であり、聖であり、義であるように、彼はこれらの美徳を人の中に入れられました。ですから、人が生まれたとき、愛、光、聖、義が本来備わっています。わたしたちは存在の深みから愛の人、光の人、聖の人、義の人になることを願っています。しかし、これらは単なる外側の形にすぎません。手袋の例を考えてみてください。それはただ手の形をしているだけです。手が入って、はじめて手袋の実際があるようになります。

 神はわたしたちの中に入ってわたしたちの命と実際になることを求めておられるので、人の内側に霊を造られました。霊は、一人一人のために神によって特別に造られたのです。人の内側のこの霊はラジオの受信機のように、天からの「電波」を受信することができます。確かにわたしたちは神のかたちを持っていますが、それは単に外側だけです。今わたしたちの内側には、神を受け入れることのできる器官があります。ですから、わたしたちが心を開いてこの神を中に入れなければ、自分自身に関するかぎり、わたしたちは抜け殻であり、むなしい器にすぎません。わたしたちはこの霊の中に神を受け入れて、わたしたちの内容とする必要があります。

Top

キリストのない人生は、何の望みもない

 人の歴史を通じて何万冊という数の本がありますが、過去から現在までの間に、聖書、聖なる本と呼ばれる一冊の本があります。この本は確かに聖です。なぜなら、それは神の語りかけであり、神の息吹かれたものであるからです(Uテモテ三・十六)。この本は冒頭から、「はじめに、神が天と地を創造された」と述べています(創一・一)。わたしたちはそのことを良く考える必要はありません。なぜなら、それは神が天と地を創造したとはっきり言っているからです。近代科学でさえ、神が確かに土のちりを使って人を造ったことを証明しました。人の中に見られる成分と土のちりに見られる成分は一致しています。神はまずわたしたちの体を造り、次にわたしたちが神を入れるための霊を造られました。

 しかしながら、人の霊は人の堕落のゆえにその機能を失ってしまいました。そこで、神は人として来られて、わたしたちの救い主として十字架でわたしたちのために死なれたのです。彼は死人の中から復活したとき、永遠の霊と成って、わたしたちの罪を赦すだけでなく、わたしたちの中に入って、わたしたちの命となられました。何という甘い救いでしょう! 何というすばらしい事実でしょう! 宇宙を創造した主、万物の神は、創造されたが堕落したわたしたち人の中に、実際に喜んで入って、わたしたちの命になろうとしておられます。これは、宇宙における実に大いなる事柄です。こういうわけで聖書は、わたしたちがキリストから離れて生きるなら、わたしたちの人生には望みがないと言うのです。なぜそれには望みがないのでしょうか? それには神がないからです。

 わたしたちが信じるキリストは、神ご自身です。彼は人の間に来られた神であり、人にご自身を現される神、人に届く神です。わたしたちに届いたこの神は、わたしたちの救い主です。いったんわたしたちが彼を受け入れるなら、彼とわたしたちは命の中で霊的な結合を持ちます。彼はわたしたちの中に入られ、わたしたちは彼の中に入ります。ですから、わたしたちの人生にキリストと神がなければ、わたしたちに真の目標はありません。先に述べた望みは、この目標を指しています。

 わたしたちが出世しようと努力し、忙しい毎日を過ごしているとき、望みがなくてもそれを苦痛とは感じないかもしれません。しかし、わたしたちが幾らか成功を収め、名声を得、自分たちの得たいものをすべて得たとき、存在の深みで大きな欠乏と不満足を感じることでしょう。わたしたちはその欠乏が何であるのかはっきりと言い出すことはできませんが、それを経験します。大学の卒業を目前にしているときなどは特に、わたしたちは人生のむなしさや、はかなさをすぐに感じます。わたしたちの将来はどうなるのか? わたしたちの人生の目標は何だろうか? これは、神とキリストがなければ、わたしたちの人生には目標がないことを示します。目標のない人生が、わたしたちのむなしい感覚の最大の理由です。人が自分の霊の中に神を持っていなければ、どれほど出世しようと、どれほど成功を収めようと、どれほど高い地位に就こうと、大いにむなしく不満足な感覚を持つでしょう。

Top

神は人にとって水であり、空気であり、食物である

 かつて主イエスが地上にいたとき、祭りの終わりの日に、群衆の間に立って、叫んで言われました、「だれでも渇く者は、わたしに来て飲むがよい」(ヨハネ七・三七)。なぜ彼は祭りの終わりの日まで待ってから、立ち上がり、この言葉を語ったのでしょうか? なぜなら、むなしい感覚が来たのは、祭りの終わりの日、すなわち人々が数日間楽しんで、まさにその場を立ち去ろうとしている時であったからです。その時、イエスは立ち上がり、叫んで言われました、「わたしの中へと信じる者は……その人の最も内なる所から、生ける水の川々が流れ出る」(三八節)。ここで述べられている「生ける水」も「最も内なる所」も、いずれも比喩であって、この命の霊としての救い主が、わたしたちの渇きをいやす生ける水としてわたしたちの中に入りたいということを指しています。

 それだけでなく、今日わたしたちの主は「息」でもあります。死と復活を経過した後、彼は弟子たちの間に戻って来て、彼らの中に息を吹き込んで言われました、「聖霊を受けよ」(二〇・二二)。「霊」のギリシャ語と「息」のギリシャ語は同じです。ですから、ここの個所は「聖なる息を受けよ」と訳してもよいのです。わたしたちの主、わたしたちの神は、わたしたちにとって空気のようです。今日、万物は、この命の息に依存することによって存在しています。もし空気がなければ、あらゆる生物は生きていることができません。空気はしるしにすぎませんが、主イエスはその実際です。彼は真の空気です。主はわたしたちの中に入りたいのです。真の命として彼はわたしたちの中に入って、わたしたちの内側のむなしさの問題を解決します。わたしたちが内側でキリストに満たされるとき、はじめてわたしたちの人生に望みがあるようになります。

 主イエスはわたしたちの渇きをいやす命の水であるだけではありません。彼はまた真の命の息としてわたしたちの中に入って、わたしたちのむなしさを取り去るだけではありません。彼はわたしたちの命のパンでもあります。それは、彼を食べるわたしたちがもはや決して飢えることがないためです。主イエスが地上におられたとき、彼は人々に言われました、「わたしが命のパンである。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしの中へと信じる者はいつまでも決して渇くことはない」(六・三五)。人類歴史上、どのような本の著者も、あえてそのような言葉を言った人はいませんでした。だれが次のような言葉を語ることができるでしょう、「だれでも渇く者は、わたしに来て飲むがよい」、「わたしの中へと信じる者は……その人の最も内なる所から、生ける水の川々が流れ出る」、「わたしが命のパンである。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしの中へと信じる者はいつまでも決して渇くことはない」。そのような言葉を語ることができるのは、宇宙を創造した神だけです。

Top

イエスは、信じる者たちに永遠の命を与えることを願う

 宇宙と万物を創造したこの神は、わたしたちの命のパンと命の水となりたいのです。わたしたちの人生において飢えや渇きを感じたとしても、彼はわたしたちのためにその問題を解決することができます。わたしたちが飢えているなら、彼はわたしたちの命のパンです。わたしたちが渇いているなら、彼はわたしたちの命の水です。わたしは命のパンである、わたしは命の水であると言った後、彼はある日、非常に奥義的な言葉を語られました、「わたしは……命である」。ギリシャ語には、命を意味する三つの異なる言葉があります。すなわち、わたしたちの目に見える、肉体の命を意味する「ビオス」(ルカ八・十四)、わたしたちの魂の命を意味する「プシュケ」(マタイ十六・二五―二六、ヨハネ十二・二五)、神の命、霊的な命を意味する「ゾーエ」(エペソ四・十八、Tヨハネ一・二、ヘブル七・十六)です。主イエスは、「わたしは命である」と言われました。この命はビオスでも、プシュケでもなく、ゾーエです。

 言い換えると、主イエスはわたしたちの命となりたいのです。その命は、わたしたちの「ビオス」の命や「プシュケ」の命ではなく、わたしたちの「ゾーエ」の命です。神はわたしたちの命となることを願っていますが、その命はわたしたちが自分自身の中に持っている命ではありません。わたしたちは肉体の中にある肉体の命だけでなく魂の命を持っていますが、神の永遠で神聖な命を持っていません。この神聖な命はわたしたちが必要とする命であり、わたしたちにとって欠かせない命でもあります。わたしたちが肉体の中にある創造された命によって生きるなら、わたしたちに満足はなく、わたしたちの人生には目標も望みもないでしょう。これは、わたしたちの肉体の命と魂の命が一時的で腐敗していて、永遠ではないからです。

 神の「ゾーエ」、神聖な命だけが永遠の命です。一部の訳は、「永遠の命」を「永続する命」と訳しています。ヨハネによる福音書第三章三六節前半は言います、「御子の中へと信じる者は永遠の命を持つ」。この意味は、キリストの中へと信じる者は永遠の命を持つということです。主イエスはこう言って、彼の偉大さを示されました。人々が地上で語った聖なる言葉として誇れるものは、良い教理、良い教え、良い哲学にすぎません。自分が命であると言った人は、これまで一人もいませんでした。このように言う資格のある人は、主イエス以外にはいません。主イエスは、彼ご自身が命であるので、そのように言うことができるのです。彼は永遠の命です。

Top

主は彼を受け入れた者たちに豊かに命を得させる

 ヨハネによる福音書第十章十節で主イエスは言われました、「わたしが来たのは、羊が命を得、しかも豊かに得るためである」。主イエスが来たのは、人が命を得るためだけでなく、さらにそれを豊かに得るためでもあります。主イエスはどのようにして彼の命をわたしたちに得させるのでしょうか? 聖書は、彼が肉体と成って、人の生活を経過し、最終的にわたしたちの罪を担って十字架にかかられ、それによって、それらをすべて対処したと言います。彼はわたしたちの罪のために死んで葬られ、三日後に死人の中から復活されました。人類歴史上、宗教の指導者や創始者で死人の中から復活した人はこれまでに一人もいません。イエス・キリストは、死んで復活した唯一の方です。

 復活すると、すぐに彼は命を与える霊と成りました(Tコリント十五・四五後半)。今日、彼は万物の主として天にある御座に座しておられます。しかしながら、彼はすべてを貫く霊であるので、「空気」として人に届くことによって、人によって信じられ、受け入れられることができます。このようにして、彼はわたしたちに命を与えます。五十年以上の間、わたしは主のために働くことを学び、また多くの場所を旅行して、人々が主を信じた時の証しを数多く聞いてきました。どの証しも、その内容はだいたい同じでした。主を信じた人たちは、主に出会う前の自分たちの生活は、そのほとんどがむなしく、惨めであったとだれもが証ししました。しかし、彼らが主イエスを受け入れて、彼が彼らの中に入った後、彼らの生活に著しい変化が起こりました。

 かつて税関で働いていた友人がわたしに言いました、「あなたの言葉によってわたしの問題は解決しました。わたしもイエスを信じたいのですが、どうしてよいのかわかりません。どのようにして主イエスを受け入れたらよいのか教えてください」。わたしは彼に言いました、「天地の主であるこの神は人と成って、わたしたちのために十字架で死なれました。しかも彼は死人の中から復活して、命を与える霊と成りました。今日、彼は天におられ、また地にもおられます。彼は、わたしたちのいる至る所におられるのです。ですから、ローマ人への手紙第十章八節は、『言葉はあなたに近い。あなたの口の中に、またあなたの心の中にある』と言うのです。家に帰ったら、静かな場所を見つけて、彼の御名を呼び、彼に言ってください、『主イエスよ、あなたはわたしの救い主です。わたしは自分の罪をあなたに告白します』。あなたの罪に関して主があなたにどのような感覚を与えたとしても、それにしたがって告白してください。あなたがこのように主に祈るとき、確かに何かが起こるでしょう」。

 後ほどこの友人から聞いた話によれば、わたしの言葉を聞いた後、彼は家に帰り、主に祈りました。翌日、彼が職場に行くと、同僚たちは彼が以前のようにたばこを吸わないのを見て、非常に驚きました。イエスを信じたことで、彼は自然にたばこをやめたのです。それだけでなく、以前彼は冗談を言って、人をからかうのが好きでしたが、イエスを信じた後、肉のあらゆる外側の楽しみから救い出されました。その後、彼の全家族もイエスを信じました。それから数年後には、彼の近所に住んでいる同僚たちでさえ、一家族一家族、みなイエスを信じました。

Top

神の命が人の中に入り、人を通して表現される

 ある時、福音を宣べ伝えていると、一人の裁判官がやって来て、わたしに言いました、「わたしはあなたが宣べ伝えている救い主を受け入れたいのですが、どうしてよいのかわかりません」。わたしは彼にも同じことを言いました。わたしは彼に静かな場所を見つけて、主イエスの御名を呼ぶように言うと、彼はわたしが言ったとおりにしました。翌朝彼が裁判所に向かって歩いていたとき、大空も大地も突然その色が変わったと感じました。彼は笑わずにいられませんでした。彼が職場に着くと、同僚たちは彼が以前と違ってほほ笑んでいるのに気づき、彼に尋ねました、「どうかしたのですか? 宝くじでも当たったのですか?」。彼は自分にも何が起こったのか分からなくて、ただ笑うしかありませんでした。家に帰ると、妻も彼を見て尋ねました、「どうかしたのですか?」。彼は自分が別人にでもなってしまったかのように感じました。彼は本当に内側で言い知れぬ喜びを感じていたのです。それから間もなくして、彼は裁判官の職を捨てて伝道者となり、自分が得た命を他の人たちに分け与えました。

 わたしはこれら二つの例を挙げて、わたしたちの人生が神のためであることを示しました。わたしたちが生きる目的は、命として神をわたしたちの中に受け入れることです。このようにして、はじめてわたしたちはもはや人生のむなしさを感じなくなるでしょう。新約聖書に、パウロと呼ばれる使徒がいます。彼はコロサイ人への手紙第三章四節で、キリストは命であると言いました。彼はまたガラテヤ人への手紙第二章二〇節で言います、「生きているのはもはやわたしではありません。キリストがわたしの中に生きておられるのです」。それだけでなく、彼はまたピリピ人への手紙第一章二〇節後半と二一節前半で言いました、「かえっていつものように……生きるにも死ぬにも、今なおキリストが、わたしの体において大きく表現されることです。なぜなら、わたしにとって生きることはキリストであり」。これらの言葉は訳が分からず理解しにくいように思えます。わたしたちにとって生きることはキリストであるということが、どうして可能なのでしょうか? ところが神は、性質上これを例証するために、あるものを用意されました。それは接ぎ木です。

 植物学で接ぎ木とは、二本の木を結び付けることを意味します。農夫は、甘い実をならせる枝を酸っぱい実をならせる枝に接ぎ木して、甘い実をならせる木の命が酸っぱい実をならせる木の中に入り、酸っぱい実をならせる木の命が甘い実をならせる木の中に入るようにさせます。最終的に、これら二本の木は共に結び合わされて一つの命となります。そのようにして生じた実は、酸っぱい実をならせる木を通して現される甘い木の表現です。酸っぱい実をならせる木にとって、甘い実をならせる木がその命であって、生きているのはもはや酸っぱい実をならせる木ではありません。甘い実をならせる木がその中に生きているのです。もし酸っぱい実をならせる木に語る口があるとすれば、こう言うことでしょう、「風が吹き、霜が降り、雨が降り、雪が降っても、今なお、いつものように甘い実をならせる木がわたしの体において大きく表現されるでしょう」。これがクリスチャン生活です。

 これは浅い福音ではありません。これは奥義ですが、聖書の単純な真理です。わたしたちはただ心を開いて、彼の御名を呼び、「主イエスよ、わたしはあなたを信じます。わたしはあなたを受け入れたいです」と言いさえすれば良いのです。このようにして、あなたはこの宇宙の不滅の救い主を得ることができます。そして彼はあなたの中であなたの命となられるでしょう。

(1985年12月7日に台北での福音集会で与えられたメッセージ)

購入はJGW日本福音書房より購入できます。

Top