町田に在る教会ホームページ
町田に在る教会・町田召会・The church in machida

eManna Japan(eマナ)のサンプル

 登録されると下のようなメールが月曜日から土曜日まで毎日、あなたのアドレスに送られてきます。登録は無料です。あなたのアドレスがeManna以外の目的に使われることは決してありません。


言とその霊で満たされる


――――――――――――――聖書の節(回復訳)――――――――――――
コロサイ3:16 知恵を尽くして、キリストの言をあなたがたの内に豊かに住まわ
せ、詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに教え戒め合い、恵みの中で、心から神
に向かって歌いなさい。
エペソ5:18 ……霊の中で満たされ、(19節)詩と賛美と霊の歌とで語り合い、心
から主に向かって歌い、朗詠しなさい。

―――――――――――――――務めの言葉―――――――――――――――
この個所[コロサイ3:16]で、賛美と歌においてあふれ出る霊の命の内なる満たし
は、言と関係があります。しかし、その類似する節であるエペソ人への手紙第5
章18節から20節で、霊の命の内なる満たしはその霊と関係があります。これは、
言がその霊と同一であることを示しています(ヨハネ6:63後半)。正常なクリスチャ
ン生活は、言で満たされているべきです。それは、その霊が賛美のメロディーの
中でわたしたちの内側からわき上がってくるためです。

コロサイ人への手紙は、わたしたちのかしらまた命であるキリストに焦点づけら
れています。彼が彼の頭首権を行使し、彼の豊富をわたしたちに供給する方法は、
彼の言葉を通してです。ですから、強調点はキリストの言葉にあります。エペソ
人への手紙は、キリストのからだとしての教会に関してです。わたしたちが正常
な教会生活を生きる方法は、わたしたちの霊の中で満たされて、神の全豊満へと
至ることです。ですから、強調点はその霊です。エペソ人への手紙において、聖
霊とわたしたちの霊との両方が、何度も何度も強調されています。言でさえ、そ
の霊と見なされています(エペソ6:17)。コロサイ人への手紙で、聖霊は一度だけ
述べられており(1:8)、人の霊も一度述べられています(2:5)。エペソ人への手紙
で、言はわたしたちの天然の命を洗い去り(エペソ5:26)、敵に対抗して戦うため
です(エペソ6:17)。しかしコロサイ人への手紙で、言はキリストの卓越性、中心
性、普遍性を啓示するためです(1:25-27)。

わたしたちがすでに指摘したように、エペソ人への手紙で強調点はその霊にあり
ますが、コロサイ人への手紙で強調点は言にあります。エペソ人への手紙はわた
したちの生活に注意を払いますが、コロサイ人への手紙はキリストの啓示に注意
を払います。コロサイ人への手紙におけるパウロの関心は、全き知識へと至るキ
リストの啓示に対してです。このために、わたしたちはキリストの言葉を必要と
します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
新約聖書の節は、回復訳新約聖書(1996年版)から引用されており、務めの言葉は、
ウィットネス・リー著「ライフスタディ・コロサイ人への手紙(四)」(1980年版)
メッセージ29から引用されています。いずれも日本福音書房から出版されていま
す。

Top