町田に在る教会ホームページ

人生の意義とは何でしょうか?


一 人生の意義はキリストです

  1. 「キリストから離れ……この世の中で希望もなく、神もない者でした」――エペソ二・十二。
  2. 「イエスは立って叫んで言われた、『だれでも渇く者は、わたしに来て飲むがよい。わたしの中へと信じる者は、聖書が言っているように、その人の最も内なる所から、生ける水の川々が流れ出る』」――ヨハネ七・三七―三八。
  3. 「イエスは彼らに言われた、『わたしが命のパンである。わたしに来る者は決して飢えることがなく、わたしの中へと信じる者はいつまでも決して渇くことはない』」――六・三五。
  4. 以上の節は次のことを示しています
    • キリストのない人生は神を持っていないので、望みや目標がありません。
    • キリストのない人生は価値がありません。

二 キリストは人の命となりたいのです

  1. 「イエスは彼に言われた、『わたしは……命である』」――十四・六。
  2. 「わたし(キリスト)が来たのは、羊(人々)が命を得、しかも豊かに得るためである」――十・十。
  3. 「御子を持つ者は命を持っています」――Tヨハネ五・十二前半。
  4. 以上の節は次のことを啓示しています
    • むなしい器である人の命は、その内容としてキリストを持たなければなりません。
    • キリストは人の命となりたいのです。それは人生が豊かになり、有意義なものとなるためです。

三 キリストは、彼を信じる者たちの命です

  1. 「わたしたちの命なるキリスト」――コロサイ三・四。
  2. 「生きているのはもはやわたしではありません。キリストがわたしの中に生きておられるのです」――ガラテヤ二・二〇前半。
  3. 「わたしにとって生きることはキリストであり」――ピリピ一・二一前半。
  4. 「生きるにも死ぬにも、今なおキリストが、わたしの体において大きく表現される」――二〇節後半。
  5. 以上の節は次のことを述べています
    • どのようにキリストが、彼を信じる者たちの命となるのでしょうか。
    • キリストの信者がどのようにキリストを生かし出し、彼を栄光の目標とするのでしょうか。

人は外側に神のかたちを持ち、内側に霊を持っている

 聖書の中に、最も甘く、命の中で最も豊かであると見なすことのできる幾つかの節があります。第一は、エペソ人への手紙第二章十二節です、「その当時、あなたがたはキリストから離れ……この世の中で希望もなく、神もない者でした」。これは、この世に生きる者として、わたしたちがキリストから離れているなら、神を持っていないので、わたしたちには希望がないと言います。神は目的をもって宇宙を創造されました。また神はこの目的のために、人を造られたのです。神は他のすべての被造物とは異なる方法で人を造られました。第一に、彼は彼ご自身のかたちにしたがって人を造られました。彼ご自身が愛であり、光であり、聖であり、義であるように、彼はこれらの美徳を人の中に入れられました。ですから、人が生まれたとき、愛、光、聖、義が本来備わっています。わたしたちは存在の深みから愛の人、光の人、聖の人、義の人になることを願っています。しかし、これらは単なる外側の形にすぎません。手袋の例を考えてみてください。それはただ手の形をしているだけです。手が入って、はじめて手袋の実際があるようになります。
 神はわたしたちの中に入ってわたしたちの命と実際になることを求めておられるので、人の内側に霊を造られました。霊は、一人一人のために神によって特別に造られたのです。人の内側のこの霊はラジオの受信機のように、天からの「電波」を受信することができます。確かにわたしたちは神のかたちを持っていますが、それは単に外側だけです。今わたしたちの内側には、神を受け入れることのできる器官があります。ですから、わたしたちが心を開いてこの神を中に入れなければ、自分自身に関するかぎり、わたしたちは抜け殻であり、むなしい器にすぎません。わたしたちはこの霊の中に神を受け入れて、わたしたちの内容とする必要があります。・・続きはこちら

抜粋:ウイットネス・リー宇宙の奥義と人生の意義」、JGW日本福音書房


What's new

2009.4.10 町田に在る教会ホームページを開設しました。

2016.11.7 町田に在る教会ホームページのアドレスが変わりました。

詩歌紹介

詩歌602
召会―その土台 伴奏

1.ユダヤ人の捨てた
すみのいしなる主,
死と復かつにより,
かたく据えらる。
ユダヤ人,異邦人は,
ひとつに建造され,
あたらしいひと,主の
み住まいとなる。

2.霊のいわなる主は,
かわきをいやして,
たよらせるのみか,
住まい建造する。
シオンのいしずえは,
こころみ経て立つ;
ただこのいわのみ,
召かいのもとい。

3.建造された召会は
困難に出会っても,
なおかたく立って,
よみに打ち勝つ。
主の権威もちいて,
主のようしばり,解き,
王こくをもたらし,
あく霊追い出す。

4.生けるいしなる主,
われらをいしとし,
なれのせいしつと
ひとしくさせる;
霊のいえとされて,
祭司の体系となり,
れいのいけにえを
かみにささげる。

5.ダビデのすえの主,
かみのみや建造す;
王とさい司しょくで,
つとめを果たす。
王なる主は支配し,
ひと,ふくじゅうさせ,
祭司として,かみに
ひとをもたらす。

6.御座より権威出て,
たみをとう治する;
かわはまじわりで,
たみを供給する。
権威とまじわりを
ともに並こうさせ,
王と祭司である主,
建ぞう成就する。

7.受にくしたまく屋,
かみの栄光のみや,
ひとのうちに住み,
かみをあらわす。
なれはまたしょう会,
かみとひとの合併,
かみの豊富で満つ
聖徒のけんぞう。

8.とわの住まいなる主,
代々われの住まい,
なれのうちに生き,
とわにまもらる。
なれ,われらの聖所,
かみとわれら住む;
ともに生かつして,
絶えず礼拝する。

9.なれはすみのいし,
もとい,生けるいし,
みや,召かい,建造者,
み住まい,せい所!
なれによりわれら,
生けるいしとなり,
建造されることを
ねがいもとめる!


詩歌全訳
1.主よ,あなたは隅の石であり,ユダヤ人に捨てられました。
 しかしあなたは神に尊ばれ,死から復活して据えられました。
 わたしたちはあなたによって救われ,また共に建造されます。
 ユダヤ人と異邦人が一人の新しい人となり,神の住まいとして永遠に平和を保ちます。

2.主よ,あなたはまた霊の岩であり,人の渇きをいやすだけでなく,また人に頼らせるだけでなく,それは神の住まいを建造するためです。
 あなたはシオンに置かれた基の石であり,試みられ,堅固で,神によって立てられました。
 また召会が依り頼む岩であり,召会の唯一の土台です。

3.召会はあなたの上に建造され,ハデスの門も,それに勝つことはありません。
 たとえさまざまな風雨の打撃を経過しても,なお堅く立ち,滅ぼされることはありません。
 召会はここであなたの権威を持ち,あなたが縛ろうとされるものを縛ります。
 天の王国をもたらし,邪悪な霊を追い出し,あなたが解こうとされるものを解きます。

4.主よ,あなたはさらに命の生ける石であり,神に選ばれ,尊ばれます。
 わたしたちを生ける石とならせ,あなたと同じ性質,同じ地位を持たせます。
 共に建造されて霊の宮,すなわち祭司の体系となり,神に住んでいただき,神に仕え,神に喜ばれる霊のいけにえをささげます。

5.主よ,あなたはまたダビデの子孫であり,神の宮を建造しようとしておられます。
 王と祭司の二つの務めが一つになり,あなたはそれによってあなたの務めの権威を果たすことができます。
 あなたは王として神のために支配し,人が権威に服従することを願われます。
 あなたは祭司として神の御前に現れ,人は交わりに入ることができます。

6.権威が神の御座から出て,神の民を安定させます。
 交わりが命の水の川から出ており,神の民に供給を得させます。
 権威と交わりの均衡が取られ,並行して,建造は前進することができます。
 王と祭司はあなたにおいて合併され,神の建造が完成されます。

7.あなたは神が受肉した幕屋であり,神の栄光の宮です。
 神はあなたにあって人の中に住み,あなたにおいて表現されます。
 また召会であり,神と人の結合であって,神の全豊満に満ちています。
 さらにわたしたち一人一人は聖徒であり,神の宮を建造するためです。

8.ああ,あなたはまた永遠の住居,わたしたちの歴代の住まいであって,わたしたちはあなたの中で生活し,永遠のおおいを得ます。
 あなたはまたわたしたちにとって聖所でもあり,神とわたしたちは共に住み,わたしたちは神と共に生活し,絶えず神を礼拝します。

9.隅の石,基の石,岩,生ける石,宮,召会,建造する方,住まい,聖所など,すべてはあなたであり,あなたは建造のすべてです!
 わたしたちはあなたの「である」ことを賛美し,あなたが何と不思議であるかを賛美します。
 これらの生ける石であるわたしたちが,あなたの「である」によって建造されますように。

作詞:ウイットネス・リー